>

取り組み共有で就労支援~in鳥栖冷凍流通センター~

  10月14日(水)に開催された佐賀県特別支援学校就労支援フォーラムで、鳥栖冷凍流通センターが「サポーター企業の障害者雇用について」の実践報告を行いました。このフォーラムは、特別支援学校を卒業する生徒の就労を応援する企業や、行政機関などの関係者が一堂に会して情報を共有し、佐賀県の特別支援学校と企業などとの協働体制を推進することを目的として開催され、鳥栖冷凍流通センターは昨年「就労サポーター企業制度におけるパートナーシップ・オフィス認定企業」として認定証を授与されたこともあり、今回の参加となりました。

 発表では、取り組んできて良かったことや大変だったことなどを実際の経験に基づいて伝え、発表した社員からは「合理的配慮の考え方など、普段意識していることを伝えられたと思います。支援学校卒の代表で参加した社員へ初任給の使い道をインタビューした場面では、会場の空気が和んでいました。この発表で、シーエックスカーゴが支援学校の生徒の皆さんの就職先として候補に挙がると嬉しいです。」と話していました。

 

ページトップへ