>

互いに切磋琢磨しあう~2019年度入社半年・2年目フォロー研修~

 9月12日(木)~9月14日(土)、尾道流通センター、尾道ふれあいの里(広島県尾道市)にて2019年度入社半年・2年目フォロー研修が行われ、各事業所から大卒新入社員7人、2年目10人の計17人が参加しました。合同研修を行うことで、普段関わることのない違う事業所の社員と接点を設け、コミュニケーション力を向上させることと物流を知ることを目的としています。

 センター見学では例年センター内を一通り見学していたのに対し、今年は普段自分達が担当している業務を担う課やラインを重点的に見学し、自部署と尾道流通センターの違いなどを学びました。グループワークでは研修の事前課題で現在自分が担当している業務を発表し、他の参加者の業務内容を聞くことで物流全体の流れを学び業務への理解を深めました。この他にも座学やコミュニケーションワークなどさまざまな研修が行われました。

 参加した社員からは「自分のいる事業所と違う事業所を見学することで比較することができ、自分の業務で改善できることはないか考えることができた」、「普段関わらない部署を知ることができ、自分達の仕事がつながっていることを実感できた」、「合同グループワークで伝えること、意見をまとめることが難しかったが、今後の課題を発見することができた」などの声が上がりました。

普段知ることのない他の事業所を見学

事前にまとめた事業所の仕事や役割を発表

合同グループワークでは「CXCが期待されていること」を考える

合同グループワークで意見をまとめる難しさを知る

ページトップへ