事業概要

 シーエックスカーゴはCO・OP商品を中心に、ナショナルブランド(NB)商品を含めた常温(ドライ)、冷蔵(チルド)、冷凍(フローズン)全ての温度帯で、メーカー引き取り(調達)から納品までの生協物流をトータルで支えています。在庫保管センター(DC)業務を中心に、生協事業連合の宅配向けセットセンター(SC)・店舗向け通過センター(TC)・NBセンターの物流業務も受託し、商品調達、SC・TCまでの配送を総合的に行っています。
 また、OCR センター、エントリーセンターなどの関連業務を含め生協物流の総合力と実業の力をいかし、生協に関わる物流の提案とサポートをしています。

事業概要

DC(Distribution Center):在庫保管センター

 全国にある、日本生協連DC の入出庫、在庫保管を行っています。CO・OP 商品の保管業務のプロとして、適切な日付・温度管理で安全・安心をお届けしています。また、生協商品の在庫保管やNB センターの業務も受託しています。
 さらに、全国に配置されたセンターを拠点とした物流ネットワークを活用して、主要な拠点間の共同輸送による在庫移動なども担っており、生協のお取引先様にも、商品のお預かりや納品の提案をしています。

SC(Set Center):宅配向けセットセンター

 生協の宅配集品点数は全国でも最大クラス、取り扱い商品は全温度帯、全カテゴリーです。養生などの流通加工業務やOCR センター、エントリーセンターなど宅配関連業務を受託し、生協宅配物流を総合的にサポートしています。アイテムフリーにも取り組み、生協物流のプロとして、新たな提案もしています。また、2017 年度実績のミス率が5.1ppm と非常に高い品質レベルのセンターもあり、コスト、品質面で顧客満足を第一に仕事をしています。

TC(Transfer Center):店舗向け通過センター

 定番、セールなど店舗の発注に基づいて、CO・OP 商品とNB 商品の在庫・通過商品を組み合わせて出荷しています。生協の要望に応じたタイムリーな納品を行っており、店舗ごとに定められたリードタイムに沿って仕分けをし、カテゴリー別にカゴ車・カートなどに積み付けることで、店舗レイアウトを考慮した品出しの効率向上につなげています。また、納品の帰り便を活用して、店舗で組合員から回収したリサイクル品をエコセンターなどの処理施設に配送し、資源の有効活用にも貢献しています。

調達

 メーカー・ベンダー様商品の調達も行っています。当社調達による、生協の各センターへのスムーズな納品や、商品を事前にお預かりすることによる、納品回数の削減や納品トラブルの削減にもつながります。

営業倉庫

 メーカー・ベンダー様商品の倉庫業務を行っています。日本生協連DC 向けCO・OP 商品はもちろん、会員生協SC、TC向けのNB 商品含め、年間を通して、生協への出荷対応と納品が可能です。複合センターの各入荷も対応しており、急な出荷納品にも迅速に対応しています。デバンニングや流通加工はもちろん、宅配企画ごとの保管など、生協物流のノウハウをいかした提案をしています。

物流コストダウンをお考えの企業様へ

 シーエックスカーゴでは、全国の拠点となる物流センターにて、荷主様の名義で商品をお預かりし、指定のお届け先へ納品を行います。

[営業倉庫ご利用のメリット]

  • 荷主様の名義でのお預かりとなり、荷主様の自社倉庫と同様にご利用できます。個建て料金設定により物量変動に応じた料金となり、効率化を図ることができます。
  • 夜間、休日(祝日)にイレギュラーが発生した場合にも、柔軟に対応します。
  • PB商品と合わせて、NB商品についてもお預かりすることができます。
  • 商品管理センター(在庫管理)との連携による出荷指示代行により、土・日・祝日・ゴールデンウィーク・お盆・年末などにも対応します。
  • 物流センターにてお預かりした商品を、荷主様指定の納品先へ、他荷主様の商品と混載で共同輸送することができます。

[幹線便・共同配送ご利用のメリット]

  • 定期運行があるため、ゴールデンウィーク・お盆・年末繁忙期についても、安定した納品が可能です。
  • 幹線便の積載率向上を追求することにより、商品転送コストの削減ができます。
  • お預かりしている商品を在庫DCから、併設している日本生協連DCに名義変更する場合は、横持ち運賃を削減することができます。
  • 拠点DC・営業倉庫から各会員生協までの納品は、他荷主様との共同輸送を行っているため、配送費を削減することができます。

複合センターで物流コスト削減、環境負荷低減

日本生協連DC に会員生協SC、TC を併設することで、商品のリードタイム確保や配送費、商品ロスの軽減に役立つとともに、生協物流として効率的な運営を目指しています。

従来のフロー

従来のフロー

複合センターのフロー

複合センターのフロー
  • DC とTC・SC のリードタイムの短縮
  • 車両台数(配送コスト)の削減
  • 配車の一元管理による稼働率の向上
  • CO2 による環境負荷の低減

効率向上で貢献する物流

 CO・OP商品を各物流センター別、複合センター内への納品をするための集品・出荷を行っています。
 店舗向けでは、店舗別にソーター、小分けライン、手仕分けにてケース・ピースの仕分けをしています。CO・OP商品とNB商品をカテゴリー別にカゴ車・カートに積み付けることで、店舗での品出しの効率向上に努めています。
 宅配向けでは、班・個人別に仕分けを行い、宅配センター別に納品を行っています。シーエックスカーゴ独自のクライムシステムを実現させ、このシステムを筆頭に、様々なシステムを用いることで、高品質とアイテムフリーを可能にし、生活協同組合の宅配事業に貢献する物流を提案しています。

効率向上で貢献する物流

OCRセンター

 尾道流通センター内では、2012年度より生活協同組合連合会コープ中国四国事業連合の会員生協の、OCR注文用紙の読み込み・データ化を行うOCRセンター業務を行っています。

OCRセンター

エントリーセンター

 尾道流通センター内では、2015年より生協組合員の加入申込書や宅配班登録の入力作業などを行うエントリーセンター業務を行っています。

効率向上で貢献する物流

待っている人の笑顔のために

待っている人の笑顔のために
待っている人の笑顔のために

シーエックスカーゴに頼んでよかったと言われるように

 当社は設立以来、生協物流に専念し歩み続けてきました。生協事業に貢献するため、全国ネットワークを活用し、全ての温度帯商品の調達、発注・在庫管理、流通加工、販売までの物流トータルのご提案と、効率化を実現いたします。
 また、環境への配慮と乗務員不足への対応として、2018 年6 月に幹線便事業にフルトレーラを導入し、運行を開始しています。今後も、新たな取り組みにチャレンジし続けます。

シーエックスカーゴに頼んでよかったと言われるように

営業本部 取締役 本部長 牧山 博満

ページトップへ