在庫保管

 検品を受けて入庫した商品は、出荷頻度、重量、物量に応じて効率的に収納し、適切な日付、温度、湿度の管理をしています。また、同一商品を複数荷主別に在庫管理できるシステムも導入し、保管効率を上げています。

  • 条件品管理(日付指定をして出荷する通常品)

     条件付きで出荷することが可能な商品を「条件品」として登録します。通常の商品と同様に、集品、出荷検品時にも日付を点検するなどの管理をする他、条件品のラベルを貼り、明示して管理をしています。

    条件品管理(日付指定をして出荷する通常品)

  • 隔離品管理

     賞味期限切れ品や賞味期限日をを含め5日間以下の商品は「隔離品」として登録し、出荷禁止として誤って出荷することがないように、通常のロケーションとは隔離して専用棚(場所)で管理を行っています。専用棚に隔離できないときは、隔離品のラベルを貼り、明示して管理をしています。

  • 温度・湿度管理

     取り扱う商品を適切な状態に保てるように、商品と作業場を室温管理モニターを用いて、温度管理しています。また、湿度による箱つぶれやカビの発生を防止するために、パレット間の通風措置をしています。

    室温管理モニター

    室温管理モニター

    パレット間の通風措置

    パレット間の通風措置

  • 定温庫での管理

     急な温度変化で品質低下の恐れのある味噌などの発酵食品は、定温庫での管理を行っています。

    定温庫での管理

  • 棚卸

     商品を適切に管理するために、定期的に棚卸を行っています。現物を確認し、帳票と照らし合わせる作業を徹底しています。

ページトップへ