品質

 商品の品質を守るため、荷主の入庫基準に基づいて、日付、品温、商品の荷姿(汚れ、破損、におい)、数量の点検を行っています。私たちは、受け取る人のことを想い、日々の業務の中で品質向上に努めています。

  • 日付管理

     入庫予定の製造日付と現物の日付の照合、設定されている入庫限界日の点検を行います。入庫検収ではハンディ端末やタブレット端末を用いて、入庫商品の情報を入力し、倉庫全体で商品の日付管理をシステム的に行っています。

    日付管理

  • 品温管理

     物流センターに入庫する全ての要冷商品は、入庫検収時に専用の温度計を使用して検温することで、温度管理基準内にあることを確認しています。
     また、保管では商品を適切な状態に保てるように、室温管理モニターを用いて温度管理をしています。輸配送でも車内の予冷を行い、荷室温度を下げてから積載し、温度設定の確認・記録を行うことで、品温を保っています。

    品温管理

  • 破損防止

     破損防止のため、壊れやすい商品はオリコンの側面に寄せて集品したり、重量のある商品が下の商品をつぶしてしまうことがないように、重量のある商品が下になるように、最後に詰め替えをしています。また、ケースで納品する商品のダンボール(飲料のケースなど)は、持ち手に穴を開けないように、抱えて運ぶようにするなどの工夫も行っています。

    破損防止

    破損防止

受け取る人のことを想って商品を大切に扱います!

受け取る人のことを想って商品を大切に扱います!

ページトップへ