>

新車でGO!トラック納車式~in九州配送センター~

 7月18日(木)、九州配送センターに冷凍車の新車が2台納車されました。

 この新車は老朽化したトラックの更新と増車が目的で、今回導入したトラックには衝突回避を支援するだけではなく、居眠りやわき見運転を検知し警報で注意喚起するドライバーモニター、夜間のハイビーム走行中に対向車を感知すると対向車が眩しくないように制御する可変配光型LEDランプなどの最新機能が導入されています。九州配送センターでは宅配事業の配送がメインであるため、同時期に神戸営業所に納車された冷凍車とは車体や荷台部分が異なっています。

 「老朽化したトラックは故障のリスクが高いため、新しいトラックが入り運転に専念できるようになった」「安全装備により安全運行が可能だが、それに頼り切らずに安全運転を目指していく」「配車にゆとりを持てるようになったことにより、リレー運行の際に乗務員への時間の焦りを感じさせずにすむ」など、乗務員や管理者たちから喜びの声も上がっています。

ページトップへ