運輸安全マネジメントに係る情報公開

1.輸送の安全に関する基本方針

(1)法令遵守
ルールを守る模範となり、法令遵守と安全輸送において「生協物流No.1」と評価される安全の確保・安全性の向上に取り組んでいきます。
(2)マネジメント
「P(計画)D(実行)C(評価)A(改善)のマネジメントサイクルを回していく」ことを最重点課題と位置づけ、それぞれの役割を明確にし、輸送の安全性向上へ継続的に改善を進めていきます。
(3)役割
乗務員は、あたり前のことをあたり前に継続すること、但しそのレベルは非凡と評価を受ける安全運転に努めます。統括運行管理者は、「安全第一・品質第二・生産性第三」の会社の方針を受けとめ、安全の取り組みを最優先に業務を進めます。経営者は、会社の方針を会社全体に浸透させることと、必要な経営資源の投入に責任を負います。
(4)運送協力会社への要請
顧客に信頼される安全の確保を進めるため、運送協力会社に対しても、自社と同様の水準を求め、指導・要請を行うとともに、安全を十分に考慮した配送依頼・指示を行います。
(5)情報の公開
輸送の安全に関する情報をホームページにて公開します。


2.輸送の安全に関する目標設定 (期間:2017年3月21日~2018年3月20日)

(1) 車両重大事故ゼロ(自動車事故報告規則第2条に規定する事故)
(2) 道路交通法違反ゼロ継続180日以上
(3) アルコール反応ゼロ継続180日以上
(4) 1台あたりの車両事故発生件数は軽微な事故を含め、車両1台当たり年間0.12件以下を達成します。

2017年3月21日
株式会社シーエックスカーゴ
代表取締役社長 山田英孝



「輸送の安全に関する取り組み」

(1)統括運行管理者は代表取締役社長が直接任命し、実運送事業強化として、運送事業所の抱える業務仕分けを進め、運行管理に特化した運行管理体制のモデル作りに取り組みます。的確な運行管理業務を遂行させ貨物自動車運送事業法・道路交通法をはじめとする各種関係法令を遵守し事故防止と安全・安心・確実な輸送を実現します。
(2)運行管理者は、乗務職社員とのコミュニケーションを重点に、しっかりと乗務職社員の健康状態を把握し、適確な判断及び指導、情報伝達、進捗管理を行い、輸送の安全確保に努めます。また、運行管理者実務者研修を開催し、運行管理者の知識・技能向上を図り輸送の安全を最優先に運行管理の強化を図ります。
(3)二度の重大事故を風化させぬよう、9月13日~10月15日までの33日間を「交通安全特別強化月間」と設定します。全社員の取り組みとして進め、車両事故ゼロ・道路交通法違反ゼロ・アルコール反応ゼロを目標に安全な会社を目指し取り組みます。また、運送協力会社にも協力いただき同様に取り組みます。
(4)第3回ドライバーズコンテストを開催し、全社の運輸安全に対する取り組み(安全確認の徹底、日常点検技術の向上、安全確実な荷役作業、法規の遵守、車両事故防止等)の到達点を確認・評価し、更なる輸送の安全性の向上へ繋げます。
(5)運送協力会社と共に学びあい成長する事を目的に運送協力会社安全点検を実施します。運送協力会社での安全に関する取り組み事例の共有化、日常の運送協力会社とのコミュニケーションを強化し、輸送の品質・安全性の維持・向上に取り組みます。
(6)乗務職社員の知識・技能を向上させ、現場OJTの出来る乗務職社員を養成し新任乗務職社員の育成を強化します。
(7)安全運転研修(既存乗務職社員)を開催し、プロドライバーとしての誇りを持ち法令遵守はもとより、知識・技能の向上へ継続的に取り組みます。
(8)先進技術を利用してドライバーの安全運転を支援するシステムを搭載した車両の導入を積極的に進めます。また、既存車両においても、後付できる衝突防止補助システムについて検討を進め、安全性の確保に取り組みます。
(9)車両の安全性を確保する為に、整備管理者実務者研修を開催します。整備管理者としての役割を再認識させ、管理能力の維持・向上に取り組みます。
(10)乗務職社員に対し、アルコールに関する知識教育を継続的に行い、意識改革とともに、運行後点呼における注意喚起を図り残酒によるアルコール検知防止の取り組みを強化します。
(11)地域の子どもたちに交通ルールや交通安全への知識を伝える「こども交通安全教室」開催し、地域・学校・警察と協力して交通安全に取り組みます。
(12)10年以上無事故・無違反乗務職社員の意識・姿勢・運転技術に焦点をあて、協力も得ながら「共育」や安全運転に対する「意識改革」につなげます。