東日本大震災復興支援は続く

 2011.3.11東日本大震災、多くの被害を受けながらも翌朝には東北に支援物資を届けた私たちだから、東北、福島はじめ、日本生協連復興支援ボランティア「笑顔とどけ隊」の活動に年間を通して、積極的に参加しています。また、社員のボランティア活動を支援するため、交通費補助・休暇制度をはじめとするボランティア制度も整備しています。

菜の花と菜種を愛でる会に参加

 宮城県岩沼市で「食のみやぎ復興ネットワーク」主催の「菜の花と菜種を愛でる会」が開催され、関係者と地域の方と交流を行いました。シーエックスカーゴも参加団体として、社員がお手伝いをさせていただきました。津波で被害を受けた農地で塩害に強い菜種を植え、収穫した菜種で商品をつくり、生協などを通して販売され、社内でも販売会などに取り組んでいます。

福島県内共選場ボランティアに参加

2016年7月、桃の出荷の最盛期を迎えた福島では、震災の影響で県内各共選場の人手が不足しています。生産者であるJAふくしま未来から生活協同組合コープふくしまを通して、日本生協連の笑顔とどけ隊に作業ボランティアの要請があり、桃の出荷準備に社員2名が参加しました。

福島県南相馬市 農地のビニルハウス撤去ボランティアに参加

 2016年5月・6月に福島県南相馬市にて、集落営農をしていた地域の方々の離農のため、農地内のビニルハウス撤去を行うボランティアが開催され、社員5名が参加しました。