「トライ・ザ・セーフティ in ひろしま2014」に参加
尾道流通センター輸送課 無事故無違反150日達成

2015年4月3日

 広島県では、日ごろ自動車等(四輪車・二輪車・原付)を運転している人達5人1組でチームを編成し、150日間無事故・無違反にチャレンジするという運転者対象の交通安全運動「トライ・ザ・セーフティ in ひろしま」を毎年実施しています。
 平成26年度は県内から12,619チーム(63,095名)が参加。このうち尾道流通センター輸送課からも4チームがエントリーし、2014年7月4日から11月30日までの150日間、4チームすべてが無事故無違反で取り組み期間を終えました。これを受け、このたびトライ・ザ・セーフティ in ひろしま実行委員会より表彰されました。