物流セキュリティ

 私たちは、商品を調達してからお客様にお届けするまで、全ての工程における商品の品質管理を強化することで、取引先や消費者への品質保証を物流の立場から強化しています。そして、消費者が安心して食卓を囲めるように、物流工程で発生する異物混入等のリスクを低減するために、物流セキュリティ規定を策定し、取り組んでいます。

異物混入を防ぎます

 異物混入の可能性を低減するため、ポケットなし制服を着用し、作業現場への持ち込み品のルールを決めています。
また、お客様から戻ってきた宅配用のオリコンの中に異物が入っていないか一つひとつチェックし使用しています。


入館者を識別し安全を確保します

 商品の安全を確保するため、施設内での社員の制服、社員証着用、来訪者の入館証着用、車輌の入場許可証掲示、倉庫内・敷地内出入口への監視カメラの設置などで入退館強化を図っています。