班長登用制度

働くあなたのステップアップ~自分を活かす仕事へチャレンジ~

 当社は、全国の社員数が約4500名。多くの人が「待って
いる人に、安全・安心をお届けするために」いろいろな場所で働いています。
仕事はそれぞれがチームを組んで、次の工程へ物を動かしています。チーム(班)は、仕事の編成上、人をまとめることによって、成果を出す最小の単位です。そこには、1日の仕事を安全に、高い品質と生産性をチーム全員で作り出すために、班長(チームリーダー)を配置しています。
班長(チームリーダー)は、雇用形態に関わらず、すべての社員から登用を行っています。あなたの仕事へのチャレンジをお待ちしています。

班長登用制度とは?

班長制度は、班長を登用し「役割」を与え、「役割」を果たすことで、やりがい(賃金・手当等)や働きがいをつくる役割制度です。もちろん、「役割」を発揮できるように会社としてバックアップし、教育・評価をしていきます。

※事業所社員の手当、賞与等の条件面については、上司から説明を受けて下さい。
※全国社員は、入社時は班長のもとで仕事を学び、人をまとめる班長を経験する中でリーダーシップを身につけ、やがて複数の業態も経験し、仕事をマネジメントをしていく主任・課長の役割を目指す総合職です。班長を経験し、能力開発を進めながら幹部職を目指す全国社員は、あらかじめ班長の役割は基本の賃金体系に組みこまれており、班長登用による手当支給等はありません。

班(チーム)とは?
仕事の編成上、人をまとめることによって、成果を出す最小の単位です。本部・営業所ごとに事業と運営の視点から決定していきます。
■人をまとめるには、仕事を見ることのできる、時間帯、場所、仕事内容で同じ成果を出せる範囲で班(チーム)は設定されます。
■具体的には、「入庫」「集品」「出庫」「バッチ仕分け」「一次仕分」「Aユニット」「別積み」など作業単位を指し、事業所ごとに班を組織します。「集品(昼)」「集品(夜)」など時間帯で分ける場合もあります。
■班の人数は、班長一人がまとめることができる人数が上限ですし、まとまることによって成果(効果)を出せる単位ですので、少なすぎてもいけません。基本的には15名~20名程度となります。
班長(チームリーダー)とは?
チームをとりまとめる人がいるのといないのとでは、仕事の結果も大きく違います。仕事の準備をし、計画に沿ってチームをとりまとめ、チーム全員とコミュニケーションをとり、仕事の調整を
し、「みんなでやろう!」と言う人が必要です。そこでチームには班長(チームリーダー)1名を配置します。
※仕事によっては、代行として副班長(サブリーダー)を1名置く場合があります。■班長とは、チームをまとめ、班の1日の仕事を進めていく人です。
■班長とは、チーム全員とコミュニケーションをとり、指示事項をわかりやすく説明し、必要なことは上司に報告し、他部署とも連携をとっていく役割です。
■班長とは、安全・品質・生産性をより良くしていくために、チームのみんなを目標に向かって「lead」(リード)していく人です。
※何人かの班長をとりまとめ、複数の班からなるグループの運営をする人が主任です。主任が班長の上司となります。主任から仕事について教えてもらい、仕事の進め方も相談しましょう。


※クリックすると大きな画面でご覧いただけます。

階層フレーム(『社員職務基準』より。2012年度から開始している乗務職社員は現時点で除く)

想定等級
職務
レベル
職務の基本態様
全国
社員
事業所社員
パート社員
W−1
W−2
等級
レベル1
1級職
一般
・ 会社や職場の規律、出退勤を守り職務を行っている。
・ 社内外の人との応対や待遇を正しく行っている。
・ 日常の定型的な繰り返しの庫内業務・事務業務を独力で行っている。
・ ミスやトラブルについてきちんと報告し指示を仰いでいる。
・ 上司、先輩の指導や定められた手続きに従い、やや複雑な定型的業務を行っている。
L等級
レベル2
2級職
班長
・ 班の日次・週次の計画・実行・振り返りを行っている。
・ 指示が無くてもその場の状況と自らの判断により業務を行っている。
・ 新規採用者や後輩に対して担当業務の指導をする。
・ 習熟、スキルについて、チェックリストに基づき、班内のメンバーの評価を行う。
・ 簡単なミスやトラブルの対応、例外処理をする。
・ 当日の就労の実績確認を行う。
※ 日次指導する上で、業務の曜日・時間帯などにより、班長がすべて対応できず、班長不在となる場合、副班長を1名おくことがある。
※ 班長育成の視点から短期的に副班長をおくことがある。
S等級
レベル3
(3級職)
主任
・ グループの週次・月次の計画・実行・振り返りを行っている。
・ グループ内業務の指導・教育・訓練・業務改善を遂行する。
・ 目標設定指導、人事考課を行う。
・ グループ内パート社員の採用面接・起案を行う。
・ 新規採用者に対する体系的な指導・訓練を実施する。
・ グループ内の就労のシフト調整を行い、上位者に承認を得る。
・ 事故、クレームの報告、指示を受けて対応処理をする。
M・G
等級
課長
・課の運営と損益管理を行う。
・労働時間の管理・就労管理を行う。
・課内の社員の採用・育成・目標管理・考課を行う。
・トラブル・事故対応と予防を行う。
・請求支払いを点検する。
・安全・品質・生産性の数値を改善していく。
・他部署との調整・折衝を行う。
・対外的な対応を行う。

※クリックすると大きな画面でご覧いただけます。